トラモグ 編集モード:オブジェクトの影

■ Shadow

The shadow code of the object. Used to control shape of shadows under multi tile objects. -1 for no shadow. 0 for default shadow. Bits for shadows of multi tile objects: NorthEast=1, NorthWest=2, SouthWest=4, SouthEast=8, North=16, West=32, South=64, East=128.

マルチタイルにおける、オブジェクト下の影の形を制御するコード。
リソースファイルが -1 = 影無し。0 = デフォルト影(丸い影)。
マルチタイルの影に入力するビット数: 北東(NE)=1、北西(NW)=2、南西(SW)=4、南東(SE)=8、北(N)=16、西(W)=32、南(S)=64、東(E)=128。

shadow2.jpg

1タイルのオブジェクトで、四角い影にしたい場合は16=北(N)を使用。
ただし、だいたいのオブジェクトは -1 = 影無し か 0 = デフォルト影 になっています。

32=西(W)、128=東(E)については、私の環境ではゲームが強制終了してしまうので検証不可能でした。


■ Shadow Brightness

The shadow brightness of the object. 0 is normal. Larger is brighter.

オブジェクトの影の明るさ。リソースファイルが 0 なら通常の影。大きいほどより明るい。

shadow1.jpg

リソースファイルの数値が大きいほど影が薄くなる、つまりオブジェクト周辺の仮想環境光の強弱をコントロールしていると思われます。
リソースファイル値 0 が最も影が濃く、200あたりになると光が強すぎて影が消失してしまいます。

使用値の目安:

0・・・テーブル、植木、ゴミ箱
100・・・1タイルテーブル、1タイルソファ
150・・・エンドテーブル、テーブルランプ、トイレ


■ Shadow flags

The shadow flags the object. Thumbnail has shadow. Runtime has shadow. (not used)

影のフラグ
リソースファイル: (説明ウィンドウや吹出しに使われる)サムネイル画像には、影があります。
ランタイム(モジュール)には、影があります。(未使用)

shadow3.jpg

サムネイル画像に影をつけるかどうかの項目です。
Thumbnail has shadow.のチェックをはずすと影が表示されます。

影の形は Shadow で設定したものに依存。
また、Shadow が -1(影無し)になっていると、Thumbnail has shadow.のチェックにかかわらず影は非表示になります。
Shadow Brightnessで設定した明るさは影響しません。

Runtime has shadow.の効果は不明。not used とあるとおり、使われていない項目のようです。

posted by nao | 2006-10-19 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tips
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25724505
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。